フェリシモ > エコラ > エコラブログ > 2012年10月

みんなで作るコミュニティー エコラブログ

RSS

コメントしてねー

エコラの活動をブログ形式でご紹介しています。

みなさま、こんにちは。プランナーNです。
秋らしくなりましたね。自転車でおでかけとかいいなぁ。そんな私も愛用中の、手ぶらでお出かけ派にぴったりのバッグを、アトリエメイドの手しごと雑貨カタログ『キラホシノート』からご紹介します。
658012
アトリエメイド さをり織りのカラーが楽しい からだにフィットするニット素材のらくちんワンショルダーバッグの会

背中の真ん中で「おおっ?!」と人目を引くアクセントになってくれる、ポケット口のさをり織りが自慢です。流行りのワンショルダーバッグも、さをり織りがついているだけで、よくあるスポーティーな感じのバッグとは全然違った愛らしさが出てくるから不思議です。

ひとつひとつ柄が異なる手織り布・さをり織りは、チャレンジドの手しごとの中ではとってもポピュラーなもの。全国のたくさんのアトリエで織られています。ふつう大量生産品は絶対にみんな同じ顔でなくてはなりませんが、さをり織りは逆に一つとして同じ顔はありません。そこがこの商品の魅力なんですよねぇ。そのかわいさをわかってくださる人にぜひ使ってほしいなーと思っています。

ほかにも色々さをり織りを使ったコレクションがありますので、気になった方はぜひご覧ください♪

アトリエメイド マイカメラを楽しく!さをり織りとレース使いのツーウェイカメラストラップの会
アトリエメイドいろいろかわいく携帯!レーヴ・ドレさんと作った さをり織りと布あわせのネックストラップの会
アトリエメイド レーヴ・ドレさんと作った さをり織り使いのハンドメイドテイスト バッグインバッグの会

さをり織りのアトリエさん見学日記もあわせてご覧ください。

みなさま、こんにちは。アトリエメイドのプランナーNです。
今日は創刊されたばかりの『キラホシノート』から、人気上昇中の新商品をご紹介します。
Ccp
アトリエメイド ビスケットみたいな手染め本革 手のひらサイズのL字型パースの会

この“ビスケット・シリーズ”は、おかげさまで発売当初からずーっと人気で、最初のアイテム・カードケースからキーケース、パスホルダーなどどんどんアイテムが広がって、今回はコンパクトなサイズ感がかわいいお財布になりました。まちの部分(=サンドクリーム部分)をある程度広げなければお札が入れにくい、でも広げすぎるとクリームがはみ出しちゃったみたいに見える……ということで、絶妙なサイズ感を苦心して作り上げました。

革の手染め作業を担当されている“どりー夢共同作業所”さんでは、ビスケット型に抜いたヌメ革に本物のような焦げ目をつけるため、「いかにおいしそうに見せるか?」にこだわって、自分がパティシエになった気分でコツコツていねいに端から色をのせていく作業をされています。
同じく手染めのアトリエ“NPO法人 萌友”さんのメンバーの一人、みかさんは「むずかしいけど、できあがるとうれしくて、やりがいがあります」とニコニコ笑顔で答えてくださいました。
この本物感はきっと自慢の一品に! あなたもぜひ一度手に取ってみてくださいね。

L字型パース以外のビスケットみたいな手染め本革シリーズはこちら。

アトリエメイド ビスケットみたいな手染め本革 リールで伸びるキーケースの会
アトリエメイド ビスケットみたいな手染め本革 手のひらサイズのL字型パースの会
アトリエメイド ビスケットみたいな手染め本革のネーム&パスホルダーの会
アトリエメイド ビスケットみたいな手染め本革イヤホンリールの会

先日、CCP(チャレンジド・クリエイティブ・プロジェクト)メンバーの数名で、新たなさをり織り企画を練るべく、いつもお世話になっている作業所さんの見学に行ってきました。

今回訪れたのは、神戸市須磨区にある「ホーリーツリー」さん。こちらではさをり織りを中心とした個性豊かな雑貨やファッションアイテムを創作されています。

ペンケースやコースター、テーブルセンターにスカートなど、さまざまなアイテムを見せていただきました。

その中でもこの夏人気を博したのがこちらのサマーマフラー。↓
1_2

通常のさをり織りはしっかりと生地の目を詰めるため、ガンガンと打ちつけながら織っていくのですが、こちらはその逆! やさしくふんわりと織っていきます。

生地はこんな感じ↓
2


1本1本、1ミリの間隔を開けながら手作業で慎重に……。

3

端っこがガタガタになってしまわないように、手で糸を軽く引っ張ったり、目の間隔を統一させるため、微調整をくりかえしながら織っていきます。

なんと180cmを折るまでに、丸3日間! なんとも気が遠くなるような地道な仕事ですが、できあがりのこの手ざわりと風合いが何とも言えない心地よさなのです。

この織り方ができるのは、ホーリーツリーさんの中でもひとりだけ!

CCPメンバーが口々に「すごいっ! なんて繊細な織りなんだ!」と称賛の嵐を浴びせる中、ちょっぴり照れながら、ていねいに織りを進めていく姿に職人の背中を見た気がしました。

お次は通常バージョンのさをり織りの風景。↓
4

5

たくさんの色の糸で思い思いに織っていきます。

こちらは生地がゆがまないように、しっかりと力強く、ぎゅっと目を詰めながら織っていきます。

ひとつひとつが手作業のさをり織りは、早く、たくさんは作れません。でも、ひと織りひと織りに、個性とていねいな仕事ぶりがぎゅぎゅ~っと凝縮しているのがわかります。

この作業所さん見学ツアーで、CCPメンバー一同「このさをり織りの美しさをもっと知ってもらいたい!」と心を熱くした次第です。

帰りの電車では次々に新たな企画アイデアが飛び出し、さっそくサンプル作りを開始しました!

みなさま、さをり織りの新作商品が登場したら、またご報告させていただきますので、ぜひチェックしてくださいね★

こうご期待!!

そして、さをり織りでこんなアイテムが欲しいな~なんてアイデアがあればぜひぜひご意見くださーい★
コメントお待ちしております!

また、CCPのメンバーも継続して募集中です! プロジェクトに参加希望をされるアトリエさん(作業所・福祉施設)、デザイナーや雑貨作家などクリエイターの方、ご参加をお待ちしております★

ご興味のある方は「チャレンジド・クリエイティブ・プロジェクト(CCP)のパートナーを募集しています!」をクリック

______________________________________

「さをり織り」……1968年に誕生した手織り技術。決まったルールはなく、糸の色や素材、織りの幅など、すべてを織る人の感性にゆだねた自由な作風が特徴。

「CCP」……チャレンジド・クリエイティブ・プロジェクトの略称。障害を持ちながら社会参画しようとしている人たちの、自由な感性とていねいなものづくりを仕事につなげていくための活動です。
______________________________________

みなさま、こんにちは。アトリエメイドのプランナーNです。
今日はみなさまに重大発表があります! 「アトリエメイド」でおなじみの、CCP(チャレンジド・クリエイティブ・プロジェクト)から生まれたアート&手しごと雑貨のコレクションが1冊のカタログになりました!
その名も『キラホシノート』。2012年10月創刊ほやほやです!
これまでみなさまから愛されてきた商品と新作5会の合わせて22会が勢ぞろい。ぜひご覧ください。 『キラホシノート』のデジタルカタログはこちら

早いもので、CCPのプロジェクトの開始から10年の時が経ちました。この間、色々なことがあったけど、今新たな気持ちで再びスタートラインにつきました。

チャレンジドの職人さんたちは、みんなと同じことを同じ時間内には出来ないかも知れません。けれど真正面からぶつかっていく真剣さや、こつこつと根気よくやり続ける集中力、出来たとたん“見て見て!”とはじける笑顔、そんな私たちが忘れかけていた純粋な輝きが、ここにはあります。

ひとりひとりがキラキラと輝く星のように、かけがえのない存在として活躍できる場を。そんな思いを込めて名付けた『キラホシノート』。これからみなさまに愛されて、大きく育って行きますように! 応援よろしくお願いします。

そんなCCPでは、色々な立場でプロジェクトを応援してくださる方を募集しています。
気になった方はぜひ「チャレンジド・クリエイティブ・プロジェクト(CCP)のパートナーを募集しています!」をご覧ください!

フェリシモエコラブログの記事をカテゴリーから探す

  • リサイクル&ゴミを減らそう班

フェリシモ エコラのお買い物情報

エコラの最新アイテムのお買い物はこちらから

  • リサイクル&ゴミを減らそう
  • 水をきれいに。海と川を守る
  • 省エネ&森を育ててCO2を減らす
  • 続けることで大地を汚さない
  • お買い物で世界とつながる
  • ユニバーサル社会を応援する
  • 基金・基金付き商品
ページのトップへ