フェリシモ > エコラ > エコラブログ > ユニバーサル社会を応援する

みんなで作るコミュニティー エコラブログ

RSS

コメントしてねー

エコラの活動をブログ形式でご紹介しています。

こんにちは。プランナーNです。
風邪を引いてしまいました……。お風呂から上がってごそごそしていたのがいけなかったようです。。
何をしていたかと言うと、こんな実験……


657972_2_4

ええと、これは何かと言いますと、お風呂に入れるだけでお湯に浮かぶ皮脂を吸着してくれる人気の“お風呂お掃除ボール”の新シリーズです。油の吸着スピードが2倍くらいアップしました!ということを言いたくて、お風呂で実験をしていたのです。
商品はこんな子たちです。
657972_2
アトリエメイド お風呂に入れるだけ! お湯の皮脂を倍速吸着 スーパー動物お掃除ボールの会


数人が代わる代わるお風呂に入るご家庭や、お風呂の残り湯をお洗濯に使われているご家庭にぴったり。
このシリーズは、“社会福祉法人 倫(りん)”さんというアトリエで、船舶事故の重油回収にも使われる特殊な繊維で出来たスポンジを編み物のマスコットに詰めるという作業をされています。材料を量る、マスコットに詰める、口をかしめる、ビーズで留める……という一連の作業をみんなで分担してされています。それぞれが得意な分野があって、分担し、補い合うことで効率よく楽しく作業ができていると言います。得意な仕事や好きな仕事をしていると、みな表情がイキイキしているのだそうです。いいですね!
そんな、かわいい水回りのお掃除を助ける、エコなまんまるマスコットシリーズをぜひあなたのおうちにも置いてあげてください!きっとお役に立ちます。

アトリエメイド お風呂に入れるだけ! お湯の皮脂を倍速吸着 スーパー動物お掃除ボールの会
アトリエメイド次はどんな子? 毎月楽しいトイレ掃除らくちん!まんまるちゃんファミリーの会
アトリエメイド 洗濯機に入れるだけで 白い衣類の黄ばみカット! 皮脂とりブラザーズの会

みなさま、こんにちは。プランナーNです。
秋らしくなりましたね。自転車でおでかけとかいいなぁ。そんな私も愛用中の、手ぶらでお出かけ派にぴったりのバッグを、アトリエメイドの手しごと雑貨カタログ『キラホシノート』からご紹介します。
658012
アトリエメイド さをり織りのカラーが楽しい からだにフィットするニット素材のらくちんワンショルダーバッグの会

背中の真ん中で「おおっ?!」と人目を引くアクセントになってくれる、ポケット口のさをり織りが自慢です。流行りのワンショルダーバッグも、さをり織りがついているだけで、よくあるスポーティーな感じのバッグとは全然違った愛らしさが出てくるから不思議です。

ひとつひとつ柄が異なる手織り布・さをり織りは、チャレンジドの手しごとの中ではとってもポピュラーなもの。全国のたくさんのアトリエで織られています。ふつう大量生産品は絶対にみんな同じ顔でなくてはなりませんが、さをり織りは逆に一つとして同じ顔はありません。そこがこの商品の魅力なんですよねぇ。そのかわいさをわかってくださる人にぜひ使ってほしいなーと思っています。

ほかにも色々さをり織りを使ったコレクションがありますので、気になった方はぜひご覧ください♪

アトリエメイド マイカメラを楽しく!さをり織りとレース使いのツーウェイカメラストラップの会
アトリエメイドいろいろかわいく携帯!レーヴ・ドレさんと作った さをり織りと布あわせのネックストラップの会
アトリエメイド レーヴ・ドレさんと作った さをり織り使いのハンドメイドテイスト バッグインバッグの会

さをり織りのアトリエさん見学日記もあわせてご覧ください。

みなさま、こんにちは。アトリエメイドのプランナーNです。
今日は創刊されたばかりの『キラホシノート』から、人気上昇中の新商品をご紹介します。
Ccp
アトリエメイド ビスケットみたいな手染め本革 手のひらサイズのL字型パースの会

この“ビスケット・シリーズ”は、おかげさまで発売当初からずーっと人気で、最初のアイテム・カードケースからキーケース、パスホルダーなどどんどんアイテムが広がって、今回はコンパクトなサイズ感がかわいいお財布になりました。まちの部分(=サンドクリーム部分)をある程度広げなければお札が入れにくい、でも広げすぎるとクリームがはみ出しちゃったみたいに見える……ということで、絶妙なサイズ感を苦心して作り上げました。

革の手染め作業を担当されている“どりー夢共同作業所”さんでは、ビスケット型に抜いたヌメ革に本物のような焦げ目をつけるため、「いかにおいしそうに見せるか?」にこだわって、自分がパティシエになった気分でコツコツていねいに端から色をのせていく作業をされています。
同じく手染めのアトリエ“NPO法人 萌友”さんのメンバーの一人、みかさんは「むずかしいけど、できあがるとうれしくて、やりがいがあります」とニコニコ笑顔で答えてくださいました。
この本物感はきっと自慢の一品に! あなたもぜひ一度手に取ってみてくださいね。

L字型パース以外のビスケットみたいな手染め本革シリーズはこちら。

アトリエメイド ビスケットみたいな手染め本革 リールで伸びるキーケースの会
アトリエメイド ビスケットみたいな手染め本革 手のひらサイズのL字型パースの会
アトリエメイド ビスケットみたいな手染め本革のネーム&パスホルダーの会
アトリエメイド ビスケットみたいな手染め本革イヤホンリールの会

先日、CCP(チャレンジド・クリエイティブ・プロジェクト)メンバーの数名で、新たなさをり織り企画を練るべく、いつもお世話になっている作業所さんの見学に行ってきました。

今回訪れたのは、神戸市須磨区にある「ホーリーツリー」さん。こちらではさをり織りを中心とした個性豊かな雑貨やファッションアイテムを創作されています。

ペンケースやコースター、テーブルセンターにスカートなど、さまざまなアイテムを見せていただきました。

その中でもこの夏人気を博したのがこちらのサマーマフラー。↓
1_2

通常のさをり織りはしっかりと生地の目を詰めるため、ガンガンと打ちつけながら織っていくのですが、こちらはその逆! やさしくふんわりと織っていきます。

生地はこんな感じ↓
2


1本1本、1ミリの間隔を開けながら手作業で慎重に……。

3

端っこがガタガタになってしまわないように、手で糸を軽く引っ張ったり、目の間隔を統一させるため、微調整をくりかえしながら織っていきます。

なんと180cmを折るまでに、丸3日間! なんとも気が遠くなるような地道な仕事ですが、できあがりのこの手ざわりと風合いが何とも言えない心地よさなのです。

この織り方ができるのは、ホーリーツリーさんの中でもひとりだけ!

CCPメンバーが口々に「すごいっ! なんて繊細な織りなんだ!」と称賛の嵐を浴びせる中、ちょっぴり照れながら、ていねいに織りを進めていく姿に職人の背中を見た気がしました。

お次は通常バージョンのさをり織りの風景。↓
4

5

たくさんの色の糸で思い思いに織っていきます。

こちらは生地がゆがまないように、しっかりと力強く、ぎゅっと目を詰めながら織っていきます。

ひとつひとつが手作業のさをり織りは、早く、たくさんは作れません。でも、ひと織りひと織りに、個性とていねいな仕事ぶりがぎゅぎゅ~っと凝縮しているのがわかります。

この作業所さん見学ツアーで、CCPメンバー一同「このさをり織りの美しさをもっと知ってもらいたい!」と心を熱くした次第です。

帰りの電車では次々に新たな企画アイデアが飛び出し、さっそくサンプル作りを開始しました!

みなさま、さをり織りの新作商品が登場したら、またご報告させていただきますので、ぜひチェックしてくださいね★

こうご期待!!

そして、さをり織りでこんなアイテムが欲しいな~なんてアイデアがあればぜひぜひご意見くださーい★
コメントお待ちしております!

また、CCPのメンバーも継続して募集中です! プロジェクトに参加希望をされるアトリエさん(作業所・福祉施設)、デザイナーや雑貨作家などクリエイターの方、ご参加をお待ちしております★

ご興味のある方は「チャレンジド・クリエイティブ・プロジェクト(CCP)のパートナーを募集しています!」をクリック

______________________________________

「さをり織り」……1968年に誕生した手織り技術。決まったルールはなく、糸の色や素材、織りの幅など、すべてを織る人の感性にゆだねた自由な作風が特徴。

「CCP」……チャレンジド・クリエイティブ・プロジェクトの略称。障害を持ちながら社会参画しようとしている人たちの、自由な感性とていねいなものづくりを仕事につなげていくための活動です。
______________________________________

みなさま、こんにちは。アトリエメイドのプランナーNです。
今日はみなさまに重大発表があります! 「アトリエメイド」でおなじみの、CCP(チャレンジド・クリエイティブ・プロジェクト)から生まれたアート&手しごと雑貨のコレクションが1冊のカタログになりました!
その名も『キラホシノート』。2012年10月創刊ほやほやです!
これまでみなさまから愛されてきた商品と新作5会の合わせて22会が勢ぞろい。ぜひご覧ください。 『キラホシノート』のデジタルカタログはこちら

早いもので、CCPのプロジェクトの開始から10年の時が経ちました。この間、色々なことがあったけど、今新たな気持ちで再びスタートラインにつきました。

チャレンジドの職人さんたちは、みんなと同じことを同じ時間内には出来ないかも知れません。けれど真正面からぶつかっていく真剣さや、こつこつと根気よくやり続ける集中力、出来たとたん“見て見て!”とはじける笑顔、そんな私たちが忘れかけていた純粋な輝きが、ここにはあります。

ひとりひとりがキラキラと輝く星のように、かけがえのない存在として活躍できる場を。そんな思いを込めて名付けた『キラホシノート』。これからみなさまに愛されて、大きく育って行きますように! 応援よろしくお願いします。

そんなCCPでは、色々な立場でプロジェクトを応援してくださる方を募集しています。
気になった方はぜひ「チャレンジド・クリエイティブ・プロジェクト(CCP)のパートナーを募集しています!」をご覧ください!

エコラ・ブログをご覧のみなさま、こんにちは! プランナーNです。

手しごとの味わいが人気の“アトリエメイド”シリーズでおなじみの、チャレンジド・クリエイティブ・プロジェクト(CCP)では、ただいま"CCPパートナー" を募集しています。障害があっても自分らしく社会参加しようとする人々を応援するこのプロジェクトに、「私も参加したい!」という方は、ぜひいちばん下のリンクからエントリーをお願いします!

"CCPパートナー"には大きく分けて4つのカテゴリがあります。

(1)「ものづくり」で参加を希望される方〈作業所さん〉
障害を持つ方が働く小規模作業所や授産施設(アトリエ)さん。日頃からものづくりをしていらっしゃって、今後CCPに参加し、フェリシモの商品を一緒に作ってみたいという意欲のあるアトリエさん。(できた商品はフェリシモのカタログやWEBサイトなどで販売します。) ※自主製品を販売させていただくということではなく、フェリシモ・オリジナルのものづくりにチャレンジしていただきます。

(2)「ものづくり」で参加を希望される方〈メーカーの方〉
アトリエ(小規模作業所や授産施設)で作られた素材を取り入れた商品提案、またアトリエの手仕事をプラスした商品づくりにご協力いただけるメーカーさん。専門スキルやノウハウをご提供いただき魅力的な商品開発に参加いただける方。

(3)「応援団」としてCCPをサポートしてくださるNPOや市民グループ、学生の方
NPOや市民グループ、また大学などでチャレンジドに関係する活動をされていて、チャレンジドの社会参加について、現在お持ちの何らかのノウハウやネットワーク、独自のメディア等をご提供いただける方。

(4)ご自分の「専門スキル」を活かしたい方〈クリエイター〉
チャレンジドのことに詳しいわけではないけれど、「CCPに協力したい!」というデザイナーさんやアーティストさん、雑貨作家さんなど、主にものづくりに関わる専門のスキルをこのプロジェクトにご提供いただける方。「CCPでこんな商品をつくりたい!」というアイデアをお持ちの一般の方でも結構です。

今年2012年で10年目を迎えるこの「チャレンジド・クリエイティブ・プロジェクト(CCP)」を、今後もっと世の中に広めて行くためには、より多くのパートナーとなるアトリエさんやメーカーさん、デザイナーさんやアーティストさんなど魅力ある商品を生み出すのに力を貸してくださる仲間が必要なのです。
「我こそは!」と思われる方は、ぜひ下記のリンクからエントリーをお願いします。CCPスタッフ一同心よりお待ちしております!

当社とお取引をご希望の事業者の方 問い合わせ先
メールフォームでのお問い合わせはこちら
電話:078-325-5728 (平日9:30~11:30、13:30~17:00)

CCPから生まれたアトリエメイドの商品一覧はこちら
アトリエメイドの生産者・関連団体についてはこちら
CCP(チャレンジド・クリエイティブ・プロジェクト)公式サイト(外部リンク)

みなさま、こんにちは。
エコラ編集部 とろですhappy01

今回ご紹介するのは
徳島にあるアトリエ〈グラスアート れもん〉さん。

「手づくりガラスのアクセサリー」を作っているアトリエさんですnoteshine
ガラスならではの透明感あふれる色目と
ころんとした形がとってもかわいいですよね!

アトリエメイド 手づくりガラスのきらめく粒をのせたアレンジを楽しむピアス/イヤリングの会

この美しいガラスは、
色のついたガラスや、玉虫色に光る特殊な塗装をほどこした
ダイクロガラスというガラスを炉の中に入れて焼成する
“ヒュージング”という作業を行って、作り出しているんです。

ガラスのヒュージング

グラスアートれもんさんと
フェリシモとの取り組みは2005年にスタート。
それ以来、作品の質はどんどん上がっていって……
毎回こちらが驚くような、美しいガラスの作品を見せてくださいます。
そして、アトリエではかわいいアクセサリーはもちろん
表札や小窓、結婚式用の引き出物まで手掛けられているんだそうですflair


そんなグラスアートれもんのチャレンジドのみなさんの
制作するときの想いをお伺いしたところ、

「使ってくれる方の、とっておきのお気に入りになるように」
そんな想いをたっぷり込めて作っているんですって。
だからこそ、こんなにやさしくて美しい輝きがあるんですね
shine

ガラスの焼成のときは、きれいな形を作るために
微妙な温度調節が必要。
さらに小さな小さなパーツを取り扱うため、
チャレンジドの方々は細心の注意を払って作業に集中confidentsign01
ひとつひとつ、気の遠くなるような
それほどていねいな作業を、みなさまがされていました。

だからこそ上手にできたときの喜びはひとしおで、
みんなで「きれいにできたー!」と
ガラスのきらきらの美しさに見とれてしまうのだとか。
そのほほえましい光景が目に浮かんで
このアクセサリーを見るたび、こちらまで笑顔になれちゃいますheart01

---------------

実際に愛用されているお客さまの声もご紹介shine

「玉の色が本当にきれいで、ほどよく耳のそばで揺れます。
 洋服とも合わせやすくて、色をそろえたくなりました」

兵庫県 ぱんださま

「ピアスとイアリング、付いているものを交換できるのでとっても便利」
静岡県 M..Cさま

---------------
こんなうれしいお声をいただきました♪

ガラスといえば夏というイメージが強いですが
お洋服の色が暗くなりがちな冬こそ、
ガラスのきらめきが映えておすすめです。

今年も一年ありがとうございました!
来年もどうぞエコラをかわいがってくださいね。
みなさん、よいお年を~notehappy01

★アトリエさんにインタビュー! その8〈ニット工房 ライク〉さん★はこちら

Photo_3

■アトリエメイド 手づくりガラスのきらめく粒をのせたアレンジを楽しむピアス/イヤリングの会
■アトリエメイド 手づくりガラスのきらめく粒をのせたアレンジを楽しむピアス/イヤリングの会

■アトリエメイド 手づくりガラスのきらめく粒をのせたネックレスの会
■アトリエメイド 手づくりガラスのきらめく粒をのせたネックレスの会

みなさま、こんにちは!
エコラ編集部 とろですhappy01maple

わたくしごとなのですが…実は私、10月に結婚しましたー。
新生活も始まって約2ヵ月。なかなか慣れないことばかり。
家事のほとんどが自分の仕事になるって、こういうことなのですね!
今は自分の母に、ただただ感謝するばかりですflair
そして、その母のやり方にならって
いろんな家事をこなすために奮闘する日々!
そんな中、ダンナさんのお弁当作りを毎日頑張ってます☆
簡単なものしか作れませんが、作ってぎゅぎゅっと詰めていく
その一連の作業が楽しくて、お弁当作りはゴキゲンにやってますheart04

で、お弁当箱は旅先で買ったかわいいもの、
おはしケースはニットのかわいいものを使っています。
ダンナさんにも好評で「次は自分の分も!」と
思っているおはしケースが、今回ご紹介するコレscissorsshine
「アトリエメイド キュートな動物のあみあみマイはしの会」なんですsign03

キュートな動物のあみあみマイはし(はしキャップ付き)の会 口からニュっとおはしが出る、この表情がかわいい

ね? 見ただけでココロ惹かれるかわいさですよね
作っているのは〈ニット工房 ライク〉さんというチャレンジドのアトリエさん。
手動編み機で、ひとつずつていねいに手づくりされていて
動物の口や目などのパーツは、ちくちくかぎ針編みで完成させています。

ニット工房ライクさんでの、かぎ針編みの様子

細かな作業を経て誕生する、このキュートなおはしケース。
なんと製作者のチャレンジドの方たちご本人も大の愛用者なんだとか。
みんなごはんの時間に使うたび、思わず笑顔になっちゃうそうheart04
作り手が、いちばんの魅力を知っているなんてステキですhappy01shine

おはしの先にはケースが付いているので衛生的
ケースも手洗いできるから清潔さもキープできますよ。
おはしの先にはケースが付いているので衛生的

お弁当のお供だけじゃなく、ふだんから持ち歩いて
お店でマイはしとして使えば楽しくエコできちゃいます♪

さらに、このおはしケースには兄弟がいるのです!
それはコチラ!!!

「アトリエメイド くすっと笑えるあみあみファミリー 迷子にならないミニケースの会」

くすっと笑えるあみあみファミリー迷子にならないミニケースの会
こちらもかわいいでしょう???
はんこやリップクリームを入れるのにぴったりサイズ
ストラップ付きなのでバッグの持ち手にも付けられますよwinkscissors
冬は乾燥するから、リップクリームを入れて携帯するのに◎。
おさげやおだんごの髪型の女の子のデザインもあります。
おさげやおだんごの髪型の女の子のデザインもあります

まさに見てるだけでクスッと笑ってしまう愛らしさ。
ちょっとお疲れ気味のあの人に
ユーモアたっぷりのプレゼントにするのもおすすめですよnote

★アトリエさんにインタビュー! その9〈ニット工房 ライク〉さん★はこちら

★アトリエさんにインタビュー! その7〈エクスクラメーション・スタイル〉さん★はこちら

Photo_3

■アトリエメイド キュートな動物のあみあみマイはし(はしキャップ付き)の会
■アトリエメイド キュートな動物のあみあみマイはし(はしキャップ付き)の会

■アトリエメイド くすっと笑えるあみあみファミリー迷子にならないミニケースの会
■アトリエメイド くすっと笑えるあみあみファミリー迷子にならないミニケースの会

みなさんこんにちは!
エコラ編集部 とろですhappy01sun

さて突然ですが、みなさんの今のマイブームって何でしょう??
わたしのマイブームはズバリ「はんこ」 なんですshine
毎日使う手帳やカレンダーはもちろん
お手紙やラッピングにもペタペタ。
無地の紙にポンとはんこを押すだけで
あっという間におしゃれに変身するのが、お気に入りなんです。

今はちょうど、年賀状のはんこがたくさん出ている時期。
また、はんこのコレクションが増えちゃいそう~。
ちなみにフェリシモでも
いろんなかわいいはんこがありますよnote
ぜひチェックしてみてくださいね☆

さて、今回ご紹介するアトリエさんは
〈エクスクラメーション・スタイル〉さん
エコラで人気のころんとした、かわいいきのこのスタンプshinelovely

並べて楽しい手づくり陶器のきのこたちのコミュニケーションいやしスタンプの会ちょっとした伝言もかわいく伝えるきのこのスタンプ
このスタンプのきのこの部分を
手びねりで作っているアトリエさんなんですよnote

作業風景をイラストでご紹介happy01flair

きのこのいやしスタンプ作業風景

きのこのかさと柄の部分を粘土を手びねりして形作って
そのふたつのパーツをバランスよくくっつけて……
丁寧に模様や表情を手描きしているんですscissors

このスタンプは
きのこの、ほのぼのとした表情がポイントheart04
かわいくて、そして使う人がクスッと笑ってしまうような
そんな表情を描くよう心がけているのだそう。
そして「忙しいときでも、このスタンプで和んでほしいなぁ」
という、やさしい想いを込めて作っているんだそうですshine

たしかにお仕事のときに、このスタンプを使ったら
ほっとするし、受け取った人も笑顔になれますよね!

手描きのあとは素焼きをして、釉薬をつけて本焼きで完成☆
作業をしているチャレンジドのみなさんも
できあがりを見て思わず
「かわいい~!」と歓声を上げちゃうそう!

かわいくてとっておきのいやしをくれるスタンプ
会社やおうちでのコミュニケーションに、ぜひ使ってみてください。
ほっこりあったかい気持ちになれること間違いなし!
ちょっとした伝言もお茶目に伝えられますよ。
あ! きのこグッズ好きな人も見逃さないでね♪

そして〈エクスクラメーション・スタイル〉さん
注目の新作がこちらsign03
おうちの形をした陶器の一輪挿しです。
アトリエメイド 白い街並みができる手づくり陶器の一輪挿しの会

ひとつひとつ丁寧な手作業で作られた一輪挿しは
集めて並べれば、地中海の白い街並みみたいshine
煙突や窓から植物がひょこっとのぞいてカワイイlovely
そしてなんとこのたび、
エクスクラメーション・スタイルさんが
2010年度グッドデザイン賞を受賞されましたsign03

2010年グッドデザイン賞受賞!
webでの発売は、もう少し先なので
楽しみに待っていてくださいね~notenote

★アトリエさんにインタビュー! その6〈武庫川すずかけ作業所〉さん★はこちら
★アトリエさんにインタビュー! その8〈ニット工房 ライク〉さん★はこちら

Photo_3

■アトリエメイド並べて楽しい手づくり陶器のきのこたちのコミュニケーションいやしスタンプの会
■アトリエメイド並べて楽しい手づくり陶器のきのこたちのコミュニケーションいやしスタンプの会

みなさんこんにちは。
エコラ編集部 とろですhappy01

日に日に寒さが増してきましたね~。
私の今のマイブームは“冷えとり”!
家の中では暖房をつけなくてもいいように
インナーや上着を一枚多く着て、からだをあっためてます。

中でも「効果ある~」と実感したのが
“靴下の重ね履き”!!!
シルクやコットンの靴下を重ね履きしているんですが
からだの芯から、じんわりあったまる感じ。
続ければ、からだの不調にも役立つのだとか。
4枚ほど重ねるのが理想的なんだそうですよ。

私は今のところ2枚ですが
それでも、あったか効果アリ☆
シルクとオーガニックコットンの靴下を重ねてます。
おうちはもちろん、外出時も重ね履き。
今はブーツの時期だから重ね履きも気になりません。
ぜひ、みなさんもお試しあれ~。

さて、今回ご紹介するアトリエさんは
〈武庫川すずかけ作業所〉さんshine
カフェで出てくるような、かわいい木のお皿に描かれた味わい深い絵

カフェ食器みたいな松端材のお皿

ナチュラルなタッチのイラスト

この絵を描いているのが
〈武庫川すずかけ作業所〉の角谷祥子さんなんです。

普段は作業所でお菓子作りをしているという彼女。
月一回の絵画クラブでは、りんごやコーヒー豆
おうちなどのお気に入りモチーフを並べた
独特のタッチの絵を、もくもくと描いているそう。

この一筆書きのようなタッチ
とってもナチュラルでかわいくて、素敵ですよねconfidentnote
使うたびになんだか笑顔になれそうな
ほのぼの、あったか~い気持ちになれる絵です
shine
ナチュラルなタッチで描かれたキャラクター
そんな素敵な絵を描き出す角谷さん、
絵を描くときのBGMはいつも決まっていて
それはなんと……ラジオの競馬中継!
あのテンポのよい解説やファンファーレの音がいいのかな~?
お気に入りのBGMを聞きながら
今日も角谷さんは楽しみながら絵を描いているはずです☆

そして、このお皿の木は
家具で使う松の端材を組んでつなぎ合わせた積層材。
さりげなくエコ素材なんです。
軽くて使いやすいから、きっと毎日の食卓で大活躍。
あたたかな木の質感でケーキなどの
スウィーツをちょこんとのせるのに、ぴったり。

私はクリスマスや年末年始のホームパーティーに
じゃんじゃん使おうと思っていますflair
みんな「このお皿かわいい!」って
きっと喜んでくれるだろうな~heart02 楽しみnote
※「アトリエメイド いろんなモチーフのアートが楽しい
カフェ食器みたいな松端材のお皿の会」のWEBサイトでの販売は終了いたしました。
ご好評頂きありがとうございました。


★アトリエさんにインタビュー! その5〈小規模作業所 萌友〉さん★はこちら
★アトリエさんにインタビュー! その7〈エクスクラメーション・スタイル〉さん★はこちら

Photo_3

■透かし柄がかわいい! オーガニックコットンのざっくりゆるソックスの会
■透かし柄がかわいい! オーガニックコットンのざっくりゆるソックスの会

みなさんこんにちは。
エコラ編集部 とろですwinknote

ちょっとごぶさたしてしまいました。
みなさんお元気ですか?
わたしは先日、秋休みをいただいて
憧れの国・オランダへ行ってきましたーshine
古くからの建物や運河が、それはもう美しくて
どれだけ写真を撮ったかわかりませんsign01
そしてこどもたちのお洋服や
お店にあふれる雑貨のかわいいこと。興奮しっぱなしsign01
さらにオランダといえば…自転車王国
さっそうと自転車を乗りこなす人々がカッコよかったです。
自転車を使う人が多いからなのか、みなさん体型もスリム。
自転車は地球にも、からだにもエコなのかも……sign02
なんて思って、いま自転車購入を考えてますhappy01flair


さて、今回ご紹介するアトリエさんは
〈小規模作業所  萌友〉さん
お花みたいにかわいいボンボンが付いた
大人気のヘアアクセサリー

ボンボンの部分を手づくりされているアトリエさんです。
お花みたいな手づくりボンボンのヘアアクセサリー

このボンボンは、天じくニットときれいなカラーのオーガンジー生地を
縫製工場にある残反も一部に使って、お花の形の金型で切り抜いたもの


切り抜かれたカット生地がアトリエさんに届けられて
アトリエさんで生地を一枚ずつ重ねて伸ばし
糸で真ん中をしっかり縫い付けてボンボンに仕上げているんです
flair
お花みたいな、きれいなふわふわ感を出すには
2種類の生地を段々に重ね合わせるときに
端同士がずれないように、ていねいに重ねていくことが大切。
うまくできない人がいると「こうしたらきれいにできるよ」って
チャレンジドのみなさんが自然と声を掛け合って作っているのだとか。

そうやって仲間をフォローできる姿って素敵ですよねhappy01
そうして日々みんなで楽しく声を掛け合って
この愛らしいボンボンを完成させているんです。

かわいいボンボンがアクセントに♪

そんなやさしい愛情がたっぷり詰まったボンボン、私も愛用中note
くるんと髪に留めるだけで、かわいいアクセントになって
一気におしゃれ度をアップさせてくれるスグレモノ。
ランチョンマットなどをまとめるときに使っても◎ですよ。

あ、育児に忙しいお友だちにプレゼントしたらとっても喜ばれました。
甘すぎないカラーだから、大人の女性にぴったり。
あなたの秋冬のおしゃれアイテムに、ぜひ仲間入りさせてくださいね☆

★アトリエさんにインタビュー! その4〈染工房 NOBBY(ノビィ)〉さん★はこちら!
★アトリエさんにインタビュー! その6〈武庫川すずかけ作業所〉さん★はこちら!

Photo_3

■アトリエメイドカラフルニットとオーガンジーで手づくりしたお花みたいなボンボンへアアクセサリーの会
■アトリエメイドカラフルニットとオーガンジーで手づくりしたお花みたいなボンボンへアアクセサリーの会

みなさんこんにちは。
エコラ編集部 とろです。happy01

やっと毎日、秋めいてきましたね。
秋と言えば“食欲の秋”sign03
おいしいものが、いっぱい旬を迎えますねmaplemaple
お魚もおいしいし、キノコ類もおいしい季節restaurantshine
なしに柿、ぶどう……秋の果物も大好き!
食べ物のことって、考えるだけでしあわせですheart04

さて、今回ご紹介するアトリエさんは
〈染工房 NOBBY(ノビィ)〉さん。
ショールに描かれた水彩のようなやさしいハンドペイント
かわいいバッグのポイントになっている
トントンとたたくようにして革に染料を染め付ける
革染め
をされているアトリエさんです。

アトリエメイド ガーデンフラワーを集めてハンドペイントしたシャーリングレースの3ウェイショールの会
アトリエメイド素材違いで使い分け!パンチング手染め革使いのがまぐちミニバッグの会

まずはハンドペイントのお話から。

3通りに使える便利でかわいいショールのすそに描かれた
とっても愛らしい植物のペイント、
そのふんわりとしたやわらかな表情を出すには
とにかく“やさしく”押すことが、何より大切なんだとか。
アトリエメイド ガーデンフラワーを集めてハンドペイントしたシャーリングレースの3ウェイショールの会

やさしい力加減を覚えるまでも大変だし、やっと慣れても
ちゃんと集中していないと、きれいなペイントができないんですってsign01

そこで工房のスタッフは押すスタンプと染料、押す場所に
同じ目印のシールを貼って作業工程をわかりやすく工夫。
するとチャレンジドのみなさんは、
やさしく押す、ということだけに集中できるようになったそう。

やわらかな表情のペイントの裏側には
こんなに、やさしい工夫があったんですね~shine

そして、革染めのお話。
人気のがまぐちミニバッグの真ん中にデザインされた
レースみたいな革を見てくださいsign01
アトリエメイド素材違いで使い分け!パンチング手染め革使いのがまぐちミニバッグの会

きれいな茶色がグラデーションみたいになっているでしょう?
布に染み込ませた専用の染料で、端から少しずつ
たたくようにして、ていねいに染め付けていくんです。
もちろん、こちらも力加減が重要papershine
いっぱい練習して、きれいなグラデーションが出る
ちょうどよい頃合いを覚えていくのだそうです。

さらに作業するときには、いつも
「どんな人が使ってくれるのかな?」って
いろんな想像をふくらませて仕上げているのだとか。
だから、あなたが手にして使い始めたそのときから
チャレンジドのみなさんの楽しい想像が、現実となって動き出すというわけ。
うーん、なんだかロマンティックですよねhappy02heart01

ショールにバッグ、どちらも
おしゃれ上手さんも大満足のクオリティーの高さ。
秋のお出かけに使えば、さらにおしゃれ上手さんになれますよnotenote

★アトリエさんにインタビュー! その3〈あじさい園〉さん★はこちら!

★アトリエさんにインタビュー! その5〈小規模作業所 萌友〉さん★はこちら!

Photo_3

■アトリエメイド ガーデンフラワーを集めてハンドペイントしたシャーリングレースの3ウェイショールの会
■アトリエメイド ガーデンフラワーを集めてハンドペイントしたシャーリングレースの3ウェイショールの会

■アトリエメイド素材違いで使い分け!パンチング手染め革使いのがまぐちミニバッグの会
■アトリエメイド素材違いで使い分け!パンチング手染め革使いのがまぐちミニバッグの会

みなさんこんにちは。
エコラ編集部 とろですwinkshine

いよいよ9月に入りましたねー。
と言っても、まだまだ暑い毎日ですが
秋はもうそこまで来ていますよねmaplemaple
夜の風の感じとか、虫の鳴き声が
少しずつ夏から秋へと変わっていくのを感じては
「今年の秋はどこ行こう?」って
ひと足お先に秋の行楽のことを考えていますriceballrestaurant

さあ、今回ご紹介するアトリエさんは〈あじさい園〉さんです。
エコラで人気の京のつちたまを使ったピアスやイヤリングがあるのですが、
その〈つちたま〉を手づくりしてくださっているアトリエさんですshine
アトリエメイド京のつちたまと天然石を重ねた色あわせと香りを楽しむピアス/イヤリングの会 

〈つちたま〉とは、粘土に特殊な顔料を練り合わせて作った色土を
手でくるくると丸めて窯で焼き上げたもの。
ころんとした形が愛らしくて、耳もとで揺れる様子がとびきり可憐なんですsign01
アトリエメイド京のつちたまと天然石を重ねた色あわせと香りを楽しむピアス/イヤリングの会
アトリエメイド京のつちたまと天然石を重ねた色あわせと香りを楽しむピアス/イヤリングの会

そのつちたまを作るのは、土がやわらかいため
きれいな丸の形にするのはとってもむずかしく、
その日の天気によって土の状態も変化するので
毎日の土の状態を確認しながら作業していくのだそう。

さらに丸めすぎるとひび割れたりするので
「時間をかけずに、でもきれいに丸める」
そのさじ加減がわかるまでに時間がかかるとか。
まさに職人技ですね! 
チャレンジドのみなさんはもくもくと真剣に、毎日ちっちゃなつちたまに向き合っています。

でも、もくもくと作業をしながらも
みなさんの表情は、とってもおだやか。
土にふれた瞬間、みんなの表情がパッとやさしくなるんだってsign01
これぞ自然がもたらす、いやしのチカラhappy01note

というわけで、作る人たちが土にいやされながら、やさしい気持ちで作っているつちたま。
使う人たちが、いやされないわけがありませんっ!
忙しい毎日の中で、耳もとで素朴なつちたまが揺れるたび
ほっこりとした気持ちが訪れて……。なんて素敵なんでしょうheart01

アトリエメイド京のつちたまと天然石を重ねた色あわせと香りを楽しむピアス/イヤリングの会

また、このやさしいつちたまの色は
平安時代から伝わる
衣の表地と裏地をふたつ以上の色で組み合わせて
植物の名前などを当てはめて、季節やおしゃれを楽しんだという
「かさねの色目」を取り入れたもの。
なんとも言えないニュアンスのある和の色はずーっと眺めていたくなる美しさです。

さらに、つちたまに香りをしみ込ませて香りづけができる
上品な香りのお香袋も付いているんです。
アトリエメイド京のつちたまと天然石を重ねた色あわせと香りを楽しむピアス/イヤリングの会
耳もとから、ふんわり漂う香りにうっとりheart04
おしゃれなあの人への贈りものに、ぴったりですよwinkgoodshine

★アトリエさんにインタビュー! その4〈染工房 NOBBY(ノビィ)〉さん★はこちら!

アトリエさんにインタビュー! その2〈友が丘作業所〉さん★はこちら!

Photo_3

■アトリエメイド京のつちたまと天然石を重ねた色あわせと香りを楽しむピアス/イヤリングの会
■アトリエメイド京のつちたまと天然石を重ねた色あわせと香りを楽しむピアス/イヤリングの会

みなさんこんにちは。
エコラ編集部 とろですhappy01shine

みなさん夏を、めいっぱい楽しんでますかー?
こどもたちは夏休みの宿題を
そろそろ追い込む時期がやって来たのかな?
みんな、がんばれ~sunsun
宿題に追われたり、セミを追いかけたりしていた
夏休みが、とってもなつかしいです。

さて、今回ご紹介するアトリエさんは〈友が丘作業所〉さん。
大人気のカラフルな「さをり織り」を作っているアトリエさんです。
いろんな色の糸が組み合わさった「さをり織り」は
ポーチやシューズのアクセントに使われていて、とっても素敵なんですよ。
アトリエメイド さをり織りとツイード使いのらくちんシューズの会 アトリエメイド レーヴ・ドレさんと作ったさをり織りとクロシェの布あわせモバイルゲームポーチの会

アトリエにおじゃますると、まず
パタンパタン~という心地よい音が耳に入ってきます。
そう、チャレンジドのみなさんが織り機を使っている音なんです。
縦糸の横から、ボビンに巻いた横糸をシュッとすべらせて
みなさん一生懸命、とっても楽しそうにトントンと織り機を動かします。

「さをり織り」には決まったルールは、いっさいナシ。
だから織る人によって、いろんな表情が生まれるんです。
たとえば織り機の力加減を強めにすると目が細かい織りになって、
やさしく織ると、ふんわりとした織りの表情に。
その人の、そのときの気持ちが表れるから、まさに世界にひとつsign03
うーん「とっておき」っていう感じですよねsign01

さをり織りの制作風景 

チャレンジドのみなさんは、織るのが本当に大好きなんだそう。
たしかに、織っているときのイキイキとした表情を見たら
こちらまで楽しい気分になれましたよheart01
そんな楽しい気持ちで作業をしているから、見ているだけで
明るい気持ちになれる「さをり織り」が誕生するんですね!

そして、いつも出来上がりを見ては、みんなで
「いいよねー。かわいいよねー」って言い合うそうnote
いっぱいの愛情を込めて作るから、みんな
まるで自分のこどもをほめるような感覚になるみたい!
きっと「さをり織りファン」の方たちも、同じように
使うたびに「いいなぁ」って思っているはずですよねheart01

【さをり織りの制作風景はこちらをクリック☆】

★アトリエさんにインタビュー! その3〈あじさい園〉さん★はこちら!

★アトリエさんにインタビュー! その1 〈ゆとり作業所〉さん★はこちら!

Photo_3

■アトリエメイドいろいろかわいく携帯!レーヴ・ドレさんと作った さをり織りと布あわせのネックストラップの会
■アトリエメイドいろいろかわいく携帯!レーヴ・ドレさんと作った さをり織りと布あわせのネックストラップの会

みなさま、こんにちは。
エコラ編集部 とろですwink はじめまして!

毎日暑いですね~sunみなさんお元気ですか?
最新カタログ『エコラVol.7』は、もう見ていただけましたか?

  エコラVol.7

その中からみなさんのお気に入りが増えていると、うれしいなnote
エコで楽しい&かわいいアイテムを使えば、ごきげんな毎日にsign01
ぜひエコラの賢いコたちと一緒に、この夏を過ごしてくださいね。

さて、今回その最新カタログの制作時に、コレクションを作っていただいている
《アトリエメイド》のアトリエさんにたくさんインタビューをさせていただきました。
いろんな楽しいお話がお聞きできたので、これからご紹介していきますねhappy01

今回ご紹介するのは 〈ゆとり作業所〉さん。

ころんとしたかわいい手づくりガラスを作っているアトリエさんで、
ガラスはアクセサリーのパーツに使われていてエコラでも大人気なんですよshine

アトリエメイド ガラスの粒に刻んだ散歩道の小さな自然付け替えを楽しむアクセサリーの会

アトリエメイド ガラスの粒に刻んだ散歩道の小さな自然付け替えを楽しむアクセサリーの会

アトリエではカットしたガラスを窯の中で溶かす
ヒュージングとよばれる技法や、細かなアルミ粒をガラスに吹き付けて
模様を作り出すサンドブラストという技法を使って、
あたたかみのある手づくりガラスを作り出しています。
ほどよくまあるい形のガラスが生み出されるには
熟練した温度の調節や、驚くほど細やかな手作業があってこそ。

アトリエメイド ガラスの粒に刻んだ散歩道の小さな自然付け替えを楽しむアクセサリーの会

細かな作業だから、もちろんとっても根気のいる作業dash
集中力を保ったまま気持ちを込めて……みなさんガラスに向き合います。

そうしてコツコツとていねいに作り続けることで、
最初はなかなか上手にできなかった人も
どんどんきれいなガラスを作れるようになるんだとかshine
そうするとうれしくて自信もついて、アトリエは素敵な笑顔でいっぱいにsign01
アトリエの外を歩くときの表情も、ちょっぴりほこらしげになって。
胸をはって歩くようになる姿を見るとスタッフの方も感動しちゃうそうです。

そして、みんなの思いは
「使う人に笑顔をもたらす商品を作りたい!」ということ。
きらきら光るきれいなガラスは、そんな素敵な思いのたまもの。
たーっぷりのやさしい気持ちが込もっているから、
こんなにきれいなガラスになるんですね。
お話を聞いて、じーんとあたたかな気持ちになりましたよ。
ご愛用者の「使うたびにあったかい気持ちになる」というお声も、納得ですhappy01note

★アトリエさんにインタビュー! その2〈友が丘作業所〉さん★はこちら!

Photo_3

■アトリエメイド ガラスの粒に刻んだ散歩道の小さな自然付け替えを楽しむアクセサリーの会
■アトリエメイド ガラスの粒に刻んだ散歩道の小さな自然付け替えを楽しむアクセサリーの会

フェリシモの「しあわせの学校」2010年オープンクラスより、〈さをり織り〉体験にお申し込みされた手づくり好きなフェリシモのお客さまと、ハンドメイド作家の佐藤さんと一緒に、アトリエさんにうかがいました!

チャレンジドの方々に混じって一緒に〈さをり織り〉に挑戦したり、その〈さをり織り〉を使ってレーヴ・ドレの佐藤さんにコサージュ作りを教えてもらったり、アトリエ訪問の時間は、あっという間に感じられた素敵な時間でした。何より心に残ったのはチャレンジドの方々の、のびのびと楽しそうに〈さをり織り〉を織る姿。心を込めて楽しんで作るからこそ、あの味わい深い織りが完成するのですね! みなさんのイキイキした姿に、こちらがたっぷりと元気をもらってきました。


この記事に関係するエコラのおすすめ商品
■アトリエメイド いろいろかわいく携帯! レーヴ・ドレさんと作った さをり織りと布合わせのネックストラップの会
アトリエメイド いろいろかわいく携帯! レーヴ・ドレさんと作った さをり織りと布合わせのネックストラップの会

こんにちは、編集長みっちーです。

先日、次のカタログ『エコラ通信11月号』でデビューする新商品、さをり織りのマフラーの取材で、プランナーのきょーとアトリエ「ゆめの作業所」さんにお邪魔してきました。Dscf6423_2

住宅地の一角にひっそりとたたずむ「ゆめの作業所」さんのアトリエにはありとあらゆる色のいろんな種類の糸が整然と並べられています。

Dscf6407 みなさん、のんびりと作業されているのかと思いきや、朝10時から昼の15時まで休憩を2度はさむものの、一心に「さをり織り」を織り続けていらっしゃるのです。チャレンジドの職人さん自ら「やろうよ!」と言ってくれるのだとか。

詳しいお話は、11月号のコラムで紹介しますのでそちらに譲るとして、職人のみなさんは、こちらが思っている以上に責任感とやりがいを感じて取り組んでいらっしゃるのがひしひしと伝わってきて、なんだかうれしかったです。

ぼくは、さをり織りが「手織り」というのは知識としてもちろん知っていたものの、こんな方々が一生懸命織ってくれている、と知ってもっと商品に愛着が湧きました。商品には一枚一枚、織ってくれた人がどんなイメージで織ったかが記されたタグが付いています。もし手に取る機会があったら読んでみてください。職人さんたちの自由な想像力には脱帽です。P8

取材してる間は、みんな黙々と作業してて無口な方たちなのかな、と思っていたら、取材を終え玄関で靴を履いていると、作業場の方から元気な笑い声が聞こえてきたので、みんな緊張して静かになっていたことが分かりました^ ^ スタッフの方も「今日は大人しかったけど、普段はわいわいやってるんですよー」と。

そんなわけで、取材に行くといつもこちらが「よし、カタログ編集がんばろっ!」と元気をもらって帰ってくるのでした。

*さをり織り商品をご紹介しているエコラのカタログ『エコラ通信』をご希望のかたはこちらからご請求ください。

2008年6月19日

平等?対等?公平?

3p2_final_2

こんにちは! ユニバーサル社会班の《きょー》ですpisces

企画はもう秋冬物をやっていますが、まだまだ夏はこれからですね。coldsweats01

今、アトリエメイドでは「イーブン・キャンペーン」と題して、こんな親子のTシャツを販売しています。

Eventshirts

でもこれ、ただのTシャツではありません。何かと言いますと、2人並ぶと絵柄がつながる!というデザインで、意味としては、“みんなつながってるね♪”“みんな仲間だね♪”ということをカラダで表現しよう!という、実は恥ずかしくもチャレンジングなデザインなのです。coldsweats01 でも、着たら本当に可愛いです。本当です。

このイラストは、チャレンジドの青年と現役大学生がチームを組むデザイングループ「みっくすさいだー」さんのデザインによるもの。ユニークな個性に視線が釘付け!

ところで、この「イーブン(even)」という言葉ですが、辞書で引くと「同等の」「公平な」「おあいこの」というような意味が出てきます。

私たちがチャレンジドの人たちとこうやって色々な形で一緒に商品を作っているのは、障害を持ちながら社会参加しようと頑張っている人たちに対して、個性や能力を生かした形でお仕事が出来る場をつくりたい!と思っているからです。自由に絵を描くのが得意な人、きっちり細かい作業をするのが得意な人、力持ちで作業場での力仕事は任せて!という人、明るくってムードメーカーでみんなをやる気にさせる人……、すべてをこなせる人はいないけど、何かは必ず出来ることがある。そんな彼らの素敵な部分は、もしかしたら私たちが持っていない部分を補ってくれるものであるかも知れない。「みんなおあいこだよねhappy01」と笑って助け合えたら、それは何だかとっても素敵な関係だと思うのです。

まずは相手のいいところを見る習慣から。それは何もチャレンジドに限ったことではないのかも知れませんね。

【アトリエ発 ユニバーサル社会班の】きょーです。 notenote

今日は、『キュートな顔のさをり織り使いロールペーパーホルダーの会』が新発売にいたったので、その思いを語ります。

ティッシュのアンケートでも多数の方が「ティッシュペーパーの代わりにトイレットペーパーを使用しています。」との意見をくれました。(なるほど!!)
トイレットペーパーはロールになっているために、使う量を自分で調節できるところがいいということですね。これは普通のティッシュペーパーを使うよりも細かく量をセーブできるということで、とっても興味深い意見だと思いました。

Photo_35 「100万人がティッシュペーパーをロールペーパーに変えれば、パルプの消費が減り、伐採される森林資源を減らすことができる!」

でも、トイレットーペーパーはそのままの形でリビングやキッチンなどに置くことにとっても抵抗があります。「なかなかカワイイケースがみつからない!」という声もいっぱい来ていました。(ふむふむ)

そこで【アトリエ発 ユニバーサル社会班】の出番です。抵抗なく楽しくトイレットペーPhoto_34 パーを使うことを促進するために、『ロールペーパーをお部屋で使うためのキュートなデザインのケース』の企画をさをり織りのアトリエさんとデザイナーさんと一緒に進めてきました。

そして完成し、5月より販売が始まり、みなさまからご好評いただいています。スタッフ一同喜んでいます♪(ばんざ~~い)本当にありがとうございます。

ウエスフォルダーも同じシリーズで展開していますので、両方をうまく使いこなすことで、木の伐採を減らす活動に参加し、それでもって家庭の出費も減らしましょう!

これからも楽しい企画を続けていきますのでよろしくお願いします。

こんにちは!【アトリエ発ユニバーサル社会班】きょーです。

この前のブログでティッシュプロジェクトに参加していて、アトリエメイドのウエスホルダーを開発していることをお伝えしました。

そのウエスホルダーがいよいよこんな形で仕上がってきました! 撮影風景のワンショットですが、ちらっとだけお見せしちゃいます♪

Tissueholder_2

分かります? ホルダーが顔になってるんです。とってもユニークなこの子たちは、雑貨作家のレーヴ・ドレさんのデザイン。下の方にアトリエで織られたさをり織りが使われています。

これは「ゴミを減らす班」の《クルット》が開発している“洗えるガーゼティッシュ”を入れて撮影しているところです。ティッシュはすぐ手が届くところにあってほしいけど、ただ置いておくだけよりも、こんなケースに入っていたら、使うたびにくすっと笑えて楽しいと思うんです。

うえのふたを開けて洗ったガーゼティッシュをぽんぽんと放り込むだけで下から取り出しやすくなっています。ウエスも同じです。古くなったTシャツを切って、いつもここに入れるという“定位置”にすれば、こどもたちも進んでお手伝いしてくれるかも?! 同じエコするならみんなで楽しくしたいですよねhappy01

もうすぐ出来上がるカタログ『ecolor[エコラ]Vol.3』(5月分配布予定)でデビュー予定です! 楽しみにしていてくださいね☆

こんにちは!【アトリエ発ユニバーサル社会班】担当のきょーです。

♪実は、ユニバーサル社会班でも、ティッシュのプロジェクトに参加しています。flair

私は衣替えごとにけっこう捨てる小さくなった子どものTシャツや下着がもったいないので、ジョキジョキ切ってウエスを作って、ティッシュの代わりに使ってみています。でも作ってみたものの、ティッシュのように、すぐに、手の届く場所に置いていないと、とっさに使うことができないんですよね。

ロールペーパー(一般にトイレットペーパーと呼ばれています!!)も箱ティシュに比べると使う量が調整できるので、節約になると思いますが、ロールペーパーをそのまま、キッチンやリビングなどにおいておくことには、抵抗がありますよね。-_-;
そこで!私の班では、ウエスフォルダーとロールティッシュラックの開発を進めています。

箱ティッシュが便利なのは、シュッシュッと取り出せて、いつも手元においておけるところです。いつでも傍においておきたくなるようなデザインのフォルダーがあれば、ウエスもロールペーパーも楽しく使えるのではないかと考えました。lovely

現在、レーヴ・ドレさんといって神戸にアトリエを持つハンドメイド作家の佐藤さんとカラフルな糸を手作業で美しく織り上げる、さをり織りのアトリエさんのメンバーたちと一緒にユニークでかわいいフォルダーの開発を進めています。みんなに愛されるデザインのウエスフォルダーとロールペーパーラックができるようにがんばりますので、楽しみにしていてくださいね。(⌒~⌒)∂
今日は特別、こんなデザインだよ~~というヒントをお見せしちゃいます。2008022201_4

もちろんこれはまだまだアイデアスケッチ状態ですけど・・くすっと笑えるかわいいい商品ができるようにがんばります~!
notenotenotenote

【アトリエ発 ユニバーサル社会班の】きょーです。

嬉しいニュースをお知らせします。
2008年2月28日(木)読売新聞にアトリエさん発の商品が掲載されました。
おしゃれな雑貨で社会貢献というタイトルです。←クリックして見てね!!

本当にすごくすてきな商品です。

appleappleこの商品が生まれた背景appleapple
アトリエさんと一緒に行っている、[CCP]チャレンジド クリエイティブ プロジェクトの活動は、既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、簡単にご説明します。
チャレンジドとは、なんらかの障害を持つ人のことを、“挑戦という使命を与えられた人”という意味を込めてこう呼び、その人たちが働く授産施設や小規模作業所などのアトリエとフェリシモのプランナー、協力メーカーやアーティストなどとのコラボレーションにより、魅力あふれる商品の創造に取り組んでいます。

この取り組みは、今までにいろいろなものを生み出してきました。
今回掲載された商品は、エコ生活の勧めをテーマにしてつくった商品です。

【アトリエメイド ボーダレスアートコラボ みっくすさいだーさんと作ったエコバッグの2008030302_2の「みっくすさいだー」さんとは、神戸芸術工科大学ファッションデザイン学科の学生さんと、同年代で知的障害を持つ青年が互いに協力し合って活動するデザイングループです。
その人たちととみんなで一緒に考えたら、こんな個性的ですてきな商品ができました!!

2008030301 【アトリエメイド 編み編みコットンのおともだち マイはしセットの会】のアトリエ、「ニット工房ライク 」さんは、手動編み機で1点ずつオーダーメイドのセーターや小物を編んでいるアトリエさんです。そのアトリエさんと神戸市在住のデザイナーの岡本和喜さんとでつくった商品です。何ともいえないかわい表情のある商品ができました!!

そしてとっても嬉しいことに、たくさんのお客さまにも支持されていてみんなで喜んでいます。

これからも、魅力あふれる商品を提供できるようにアトリエ、フェリシモ、協力メーカー、アーティストが協力して、みんなでがんばっていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

こんにちは、プランナーきょーです。遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

さて、新春一番嬉しいニュースです。

1月9日付の京都新聞電子版に「アトリエメイド」の商品を作っていただいている「!-factory(エクスクラメーション・ファクトリー)」さんが紹介されました!(カタログやWEBでは「!-style(エクスクラメーション・スタイル)」さんとして紹介しているアトリエさんです。)

愛らしい陶器スタンプ人気
八幡・障害者の作業所、雑誌でも紹介
京都新聞電子版 2008年1月9日(水))

何だか嬉しくてみなさまに報告しなくっちゃと思ってここに書かせていただきました(#^-^#)

そして、話題の陶器スタンプはこちらで買えますよ~↓↓↓

Stamp

アトリエメイド ひとつずつ違う手づくり陶器のおうち型スタンプの会

【アトリエ発ユニバーサル社会班】担当のきょです。

これまで「アトリエメイド」の商品や「アトリエ便り」を見ていただいていた方はご存知だと思いますが、CCP(チャレンジド クリエイティブ プロジェクト)を通して、みんなが社会参加できるユニバーサルな社会の実現の手助けができたら!と、がんばってます。

「チャレンジドって何?」って思われる方も多いかも?

チャレンジドとは、何らかの障害を持つ人たちのこと。そして、アトリエって私たちが呼んでるのは、全国各地のチャレンジドの人たちが働く福祉作業所さんのことです。

みなさんの身近にもあちこちに福祉作業所さんってあるんじゃないでしょうか?

私たちがいっしょに商品を作っているのは、とてもていねいに一生懸命、手仕事に取り組んでくれているそういったアトリエ(福祉作業所)さんです。

ある意味とてもマイペースだけど、その手仕事は、とってもきちんとしてて、何よりあったか味があって、魅力的なんですよ!

商品を通じて、たくさんのチャレンジドの人が能力を発揮できて、みなさんに魅力的な手仕事がお届けできたら!と日々がんばってますー。

ここでは、いろんなささやかな(?)情報を書き込んで行きたいと思います^-^

よろしくお願いします。

009_2 朝夕少しずつ過ごしやすくなってきた今日このごろ、みなさまいかがお過ごしですか? 昼間はまだまだ残暑厳しい日差しがサンサンと降り注ぐ先日の昼下がり、刺し子アトリエの萌友(=for you)さんを訪ねてきました。

004_7 002_4 綿や麻の素材に刺し子したふきんやバッグなどの布小物を中心に活動されている萌友さん。作業所立ち上げの際に「刺し子」の技術を選んだ理由をお聞きしました。「ひと目ひと目、ひと針ひと針、時間はかかってもひとつの刺し子を完成させるためにはひとりの力で最後までやりぬくことが必要です。その出来上がりはそれぞれ違いますが、個性でもあり、また完成させた人には達成感を感じてもらえることもありますね」とのこと。なるほど。刺し子にこめられたあたたかい思いが伝わってくるようですね。

アトリエでは、様々な作品に刺し子しているメンバーさんがわきあいあいと仲よくお仕事さ001_2 れています。その中で「sorae[空へ]」で発売中の「アトリエメイド ぬくもりを感じるハンドステッチと天然石の本革ブレスレットの会」の制作を担当されている方の作業現場も見せていただきました。とても滑らかに、そしてていねいに、ひと針ごとに刺し進めていかれます。布の作品が専門だった萌友さんですが、今回は本革に特殊なろう引きひもという新しい素材に挑戦してくださいました。「最初は難しかった」そうですが、やっているうちにすっかり技術を身につけてもらえたようです「アトリエメイド ぬくもりを感じる亜麻糸のハンドステッチ本革ベルトの会」(この商品は販売を終了しました。)も同じく、分厚い本革に天然素材の亜麻糸のステッチをきれいに仕上げてもらいました。どんどん技を磨いて積極的に取り組んでいただける姿勢には私も励まされています。

006_3 萌友さんの1日は、毎日朝9時になるとメンバーさん達が萌友さんに集まって来て、アトリエ横にある「萌友ガーデン」と名づけられたスペースでメンバーのみんなで野菜やお花の世話から始まります。007_2008_2今は季節的にお花は少ないですが、代わりに収穫の時期でもあり、なすや里芋、サツマイモ、バジルなどの野菜がわんさか! そしてとってもおいしそうなぶどうも発見しました。ガーデンのすみっこには、萌友ガーデンサポート隊の方々によって作られた素適なデッキもあります。ここでのんびり過ごしたりするのがみんな大好きなのだそう。

012_4 近くにある萌友さんの作品を販売するショップ「小春日和」さんにもおじゃましました。明るい日差しが差し込むガラス張りの店内には、刺し子の作品以外にも様々なアトリエさんから集められた楽しい作品がたくさん並んでいます。ちいさなギャラリースペースもあります。

「刺し子といえば萌友」とイメージしてもらえるようなアトリエを目指し、ここから「刺し子職人」と呼ばれる人が生まれてくれることを願って日々活動していきたいという萌友さん。これからもどうぞよろしくお願いします!

プランナー きくてぃ

みなさんこんにちは!今日は一押しの新作をご紹介させていただきます。

アトリエメイドから生まれた「彩りを楽しむ手づくりガラスの重ねづけネックレスの会」は、なんと言ってもアトリエさんでひとつずつ手づくりされたガラスパーツのバリエーションの魅力を楽しんで欲しいおススメの新作です☆

キャンディの様な色とりどりのカラー、手づくりならではの微妙な模様、なんとなく愛嬌を感じさせる不ぞろいな形…小さなパーツの中にアトリエの職人さんたちの思いや個性がいっぱい詰まっているようです。

Dsc00356_4 このシリーズは兵庫のとり作業所さん、徳島のアトリエれもんさんと、今回初めて参加してくださった京都の園部共同作業所さんが制作してくださっています 昨年園部共同作業所さんを訪問したときに見せていただいた、おはじきみたいな色とりどりのガラスパーツを見て、なんとか新しい商品に生かしたい!という思いからこの企画はスタートしました。見せていただいたものは偶然にできたものばかりなので、そのままのデザインを再現はできないということでした。そこでまずはガラスの色を決めたり、サイズや仕上がりについての細かい打ち合わせを何度も繰り返しました。そしてようやくガラスパーツの試作サンプルが出来上がりました。

そのパーツをメーカーさんと相談して、メタルモチーフやビーズとコーディネイトしながら全体のデザインを決めていきました。シンプルなお洋服と合わせてもさりげなく華やかさを出せるようにしたくて、アンティーク調のチェーンと、本革の2種類のネックレスの2連仕様になりました。どちらも長さ調節できるので、アレンジも楽しんでもらえたらうれしいです♪

ガラスパーツはこれからどんどん表情を変えて登場する予定です。参加できるアトリエさんもどんどん広げて行きたいなと思っています。

プランナーきくてぃ

4_3 アトリエ訪問記・・・今回は技術向上に熱心な取り組みをされているアトリエ(作業所)さんのひとつ、神戸市垂水区にあるNPO法人「ゆとり作業所」さんにおうかがいしました。

Dscf0002_3 CCPとのおつきあいは、最初(2004年)は、もともと作られていたお魚のガラスパーツからスタート。ガラス片を並べて、ボンドで軽く貼り付け、焼成すればできあがり。丸みを帯びているのがかわいらしいです。比較的大きめのガラス片なので、ピンセットを使わずに作業できることから、アトリエの皆さん全員が参加することができます。

『sorae[空へ]』での掲載回数も重ね、次第に大人っぽいテイストの繊細なアクセサリーの001 パーツを作っていただけるようになりました。研磨する工程を取り入れたシャープな仕上がりのもの、とっても小さなサイズにガラスをカットして焼成した繊細なものなど……、回を重ねるごとに、どんどん技術が進化しています。
そして、新しくデビューしたのが「アトリエメイド 手づくりガラスのきらめく粒をのせた アレンジを楽しむピアス/イヤリングの会」「アトリエメイド手づくりガラスのきらめく粒をのせた アレンジを楽しむネックレスの会」のシリーズ。 (『sorae[空へ]Vol.8』カタログ掲載。sorae[空へ]ウェブサイトでは8月下旬にご案内できる予定です) 「アトリエメイド手づくりガラスのきらめく粒をのせたブレスウォッチ」  

きらきら玉虫色に光る特殊なガラスをいろんなカラーのガラスと合わせてヒュージング(焼成)したモチーフを使ったこのシリーズ。ぷちっと小さいながらも存在感たっぷりのきらめきですDscf0007

実はこのシリーズ、ここ兵庫のゆとり作業所さんと、同じくガラスを扱う四国のグラスアートれもんさんと、2つのアトリエさんが生産に参加されています。
ガラスを扱う作業所さんの数は全国的にも少なく、技術向上のために学ぶ機会も少ないのですが、フェリシモを通じて互いの作業所さんと知り合い、「何℃ぐらいで焼いたら、ころんとした丸みが出るのか?」など、具体的な情報交換をしながら、お互いの得意分野を生かしあって、生産されています。

このように、フェリシモを通すことでほかのアトリエ(作業所)さんの活動も知ることになり、これまで「よそでは何をしているのか知らない」状態だったのが、お互いにいい刺激になっていることもあるんですね。
コミュニケーションすることで技術の伝承がなされたり、地域のアトリエさんがいっしょに商品の勉強をしたり、別の技術を持っているアトリエさんとコラボして新商品を作ったり。可能性は様々に広がります
日々進化するがんばり屋のアトリエさん。どんどんグレードアップするガラス商品はいつも人気で、目が回る忙しい日が続くことも。でもそんな経験を乗り越えて、アトリエの方々の生まれ持った才能が花開くことをお聞きして、とてもうれしく思ったのでした。

プランナーきょー

こんにちは!プランナーきょーです。

CCP(チャレンジド クリエイティブ プロジェクト)の商品には欠かせないパートナーのアトリエ、染め工房NOBBY(ノビィ)さん。これまでもいろんなハンドペイントのバッグやお財布、スカーフなどの染めを手がけてもらい、たくさんの商品をアトリエメイドから送り出してきました。

おかげさまでその度にたくさんのご注文をいただき、ノビィさんの工房は大忙し。

ノビィを主宰する前田さんは、以前からこのアトリエでのノウハウを、自分たちだけのものでとどめておくのではなく、もっと多くの福祉の現場で伝えていきたい。そしてもっと多くのチャレンジドの方たちの技術になれば・・・と考えていました。

もちろん、私たちCCPの趣旨も同じ。たくさんのアトリエさんにビジネスパートナーとして参加してほしいという思いがあります。

でもチャレンジドの方たちへ技術を伝えるノウハウ・・・それは現場で長年取り組んできた前田さんだからこそのものがあります。そしてアトリエのスタッフを導いていくパワフルさも、前田さんの元気なキャラクターならではのもの!

今では5つのアトリエさんを毎日飛び回って、制作指導しています。今日はどこにいるか?まさに神出鬼没の前田さん!?

今回は、その前田さんが、新商品「ハンドペイント リネンと牛革のバッグ」シリーズのペイントを教える現場を見せてもらいに行きました。(このシリーズのメイキングストーリーは、こちらのブログで紹介してます)Imgdisp_14

大阪の郊外にあるアトリエ「あさひ会」さん、これまでは紙袋を組み立てたり加工の仕事がメインだったアトリエです。

チャレンジドの方たちは、はじめは絵筆で描くことがお仕事という意識が持てずに戸惑ったようですが、以前に前田さんの指導でアトリエメイドのスカーフを染めた経験から、今ではすっかりお仕事として向き合う意識ができたそうです。

スタッフが染料や生地の準備ができるまで、みんなは手持ち無沙汰でのんびりした雰囲気。でもいざ前田さんが「始めるよー」と声をかけると、それぞれ表情が引き締まり、お仕事モードです。

前田さんが作ったテンプレートを貼った生地に、染料を含ませた筆でていねいに色を乗せていきます。Img_2037

勢いのあるボーダー柄が得意の人、小さな葉っぱの点々が得意の人、ふんわり丸を描くのが得意の人、それぞれの個性から適性を見抜いてポジションを指示していく前田さん。さすがです!Img_2038_1

中には、描いた生地をそーっと干す場所に持っていく係りの人もいます。絵を描くのは苦手でもみんな仕事にちゃんと参加しているんです!運び係りの人も大事そうに生地を持って、いきいきした表情でがんばっています。

最初はゆっくりだった作業の流れが、だんだん手早くなってきました。

あっという間になんだかみんな職人さんらしい筆運びに!?スタッフの高野さんいわく、「前回のスカーフも、僕たちスタッフもできないような丁寧できちんとした仕事をするようになって、彼らの力はすごいですよー」。スタッフもびっくりするような能力が、実はみんなにあるんですよね!

最初はゆっくりでも、時間をかければ必ずチャレンジドの人たちだって素晴らしい仕事ができる・・・あたりまえのことかもしれないけど、本当にCCPの仕事をしてる中で実感します。

ビジネスの時間の流れは速いスピードで流れていくもの・・・でもチャレンジドの人たちのペースを考えながら進める、こんな仕事の取り組みをする企業があってもいいはず!そんな志しを新たにしたあさひ会さんへの訪問でした。そして、汗を流しつつそれを実践する前田さんに敬服!いつもありがとうございます!!

こんにちは。おImgdisp_13ひさしぶりです!アトリエメイドのプランナー、きょーです。

今回は夏の新アイテム、ご好評をいただいているハンドペイントのリネンと牛革のバッグシリーズのメイキングストーリーを紹介します。

デザイナーさんとの打ち合わせ

デザインは、神戸の個性的な雑貨屋さんやブティックの並ぶ栄町のショップ、「clueto(クルート)のオーナー、北川さんにお願いしました。

お店の奥のミシンのあるアトリエでバッグのデザインサンプルを手縫いしてくれた北川さん。麻素材と革には特別のこだわりがあり、シルエットや持ちやすさにも細やかな気配りが感じられます。Clueto_1

いつもショップでのお客さんとの会話から、お客さんの欲しい商品を1点ずつ手作りしていく北川さんならではのディテールのこだわりに感心しつつ、今度はできあがったデザインサンプルをもとにメーカーさんと商品化のための素材選びや品質について確認しながら企画を進めます。

メーカーさんとの打ち合わせ

リネン素材独特のしなやかな風合を生かしながら、型崩れしない成型に仕上げるのに苦労しました。

持ち手の革素材の厚みや質感にも検討を重ねて、何度かサンプルを作り直し、北川さんにもチェックしてもらいながら,やーっと型サンプルが完成!!

アトリエさんとの打ち合わせ

同時ににアトリエさんのハンドプリント見本をリネン生地にいろいろ試作を描いて貰います。ノビィの前田さんとの打ち合わせです。

マリンをイメージしたボーダーは、手描きならではのランダムなラインにブルーのにじみが味のあるデザイン。もうひと柄は、ふんわりした森の木々をイメージしたデザインでお願いしました。 Dscf0003_1

ノビィの前田さんは、デザインとしての完成度だけでなく、アトリエのみんなが描くことができるかということをいつも頭に入れて、制作マニュアルを考えつつ試作を進めてくれます。

できあがったハンドペイントのリネン生地でバッグを縫製、やっと最終サンプルの完成です!!サンプルを見た社内の女子にも「かわいい」という声をたくさんもらいましたよ

・・・さて!今度はアトリエでのハンドペイントの現場をレポート!続きは6月21日UPのアトリエ便りのブログを見てね。

はじめまして。アトリエメイドプランナーきくてぃーです。

みなさま、もうお気づきでしょうか!? 昨年夏の大人気シリーズ「アトリエメイド 手づくりガラスのモザイクペンダントの会」が更に進化を遂げて、6月分案内の『sorae[空へ]通信』で「アトリエメイド 手づくりガラスモザイクスクエアペンダントの会」(この商品は販売を終了しました。)としてデビューしています。

アトリエメイドの手づくりガラスシリーズの中でも一際手のかかる生産背景(★)の中、昨年たくさんのご注文をいただいたにも関わらず、職人さんのひとつひとつの研磨の作業がなかなか追いつかず、みなさまには長らくお待たせしてしまったり、お届けが出来なかったりで大変ご迷惑をおかけしてしまった!まぼろしのペンダントなのです。

(★)板ガラスを細かくカットし、組み立てて焼成したものをダイヤモンドの研磨機で複数面ひとつずつ磨きをかけていきます。その後、表面を滑らかにするため再び軽く焼成してやっとできあがり……という気の遠くなる作業なのです!!

企画室および生産管理室、そしてアトリエの職人さんともに今年こそは!といろいろな策を立て、今年はご迷惑をおかけすることのないように……と、新デザインで発売のはこびとなりました。是非チェックしてね♪

「アトリエメイド 手づくりガラスモザイクスクエアペンダントの会」(この商品は販売を終了しました。)

Mosic

さわやかな色の板ガラスをモザイクパターンに並べ、光をうけとめてきらりと光るオパールカラーのガラスを組み合わせて焼成し、ていねいに磨きをかけたペンダント。透明感ある配色が素肌を美しく見せてくれる、これからの季節にぴったりのアイテムです!

こんにちは。以前よりアトリエメイドでご紹介している「アトリエメイド 手づくりボタンのブックカバーの会」(この商品は販売を終了しました。)で、お客さまから「手づくりの木ボタン”がかわいい~!!」というお声をたくさんいただき、それなら……!と、プランナーが企画したのが、この「アトリエメイド 手づくり木ボタンとリネンテープの携帯ストラップの会」です。

アトリエででひとつずつ手づくりした小さな木のボタン。その味わいをいかして、リネン混テープを合わせてストラップにしました。ちょっと懐かしい感じのデザインは、手づくり作家のパラプリュイさん。ボタン穴に通した色糸も絵柄の一部になって、きゅんとくるかわいさに仕上がりました。ドロップ型のガラスビーズもポイントになっています♪

Imgdisp2 こんにちは。sorae[空へ]編集部のこんちです。

今回は、見ているだけでしあわせになれるような、美しい手作りのベネチアンガラスをあしらった商品をご紹介♪

「アトリエメイド 手づくりベネチアンガラスがゆれるアレンジ自在ピアス/イアリングの会」(この商品は販売を終了しました。)伝統的なベネチアンガラスを色合わせしてヒュージング。お花のようなマーブル模様には、小さいながら不思議な存在感が。左右で別デザインが楽しめるペア。リングからモチーフが取り外せるので、シンプルにしたり、華やかにしたり、その日の気分でボリュームを変えて、いろいろアレンジが楽しめます。Imgdisp1

今回のポイントのひとつが、ピアスとイアリングを選んでいただけるということ。ソラエでアクセサリーをお買い上げいただいたお客さまの声で多かったのが、「ピアスの穴があいていないので、イアリングはないのですか??」というお声。

……なるほど確かに、私もピアスの穴はあいていないのですが、お店に売っているアクセサリーを見ていると、イアリングより、断然ピアスのほうが品数が多いんです。“あ、コレかわいい!”と思っても、ピアスだから買ってもつけられない…なんてこともしばしば。。そんなお客さまが、今でも多くおられるのだということを知り、sorae[空へ]から、今回初めて、ピアスとイアリングを選べるアクセサリーが登場しました!Imgdisp_11

光はずむ季節に、お好みのアレンジで、sorae[空へ]のアクセサリーを楽しんでくださいね♪

みなさまに、うれしいご報告です!2006年9月2日に、チャレンジド・クリエイティブ・プロジェクト(CCP)が、NPO法人ソーシャル・イノベーション・ジャパン(東京都港区、谷本寛治代表理事)より、素晴らしい賞をいただきました。事業性・社会性・革新性の3点においてすぐれている社会的事業を表彰する「ソーシャル・ビジネス・アワード」です。この賞は、これまでともに一生懸命、プロジェクトに取り組んできた現場のアトリエメンバーや作家の方々、そして商品を素敵だと思ってくださるお客さまとともに、いただいたものです。これからも、どんどんチャレンジを続けていきます。ありがとうございました。Eps

こんにちは。みなさまsorae[空へ]カタログ2月号はもうご覧になられたでしょうか?^^ひと足早くみなさまに春をお届けできるアイテムを、たくさんご紹介しています♪

さてさて、今回はやわらかな風合いの革にレースと刺しゅうがかわいい「アトリエメイド 小さな刺しゅうとレースをあわせたハンドメイド本革ウォレット」(この商品は販売を終了しました。)をご紹介します。Photo_525
このお財布、雑貨デザイナーのclueto(クルート)さんと、刺しゅうのアトリエ 萌友さん、そして革工房の今堀さんとフェリシモとのコラボレーションで出来上がりました! スナップを表に出さないなど、やさしいフォルムを出しています。財布を閉じたときにお札やレシートなどがはみ出ないように、イカリ型のかわいい刺しゅうは、アトリエさんで一点一点ていねいに仕上げています。プランナーが何度も何度もサンプルを出し直した、渾身の作品です。使うほどにあたたかな気持ちになれそうですね^ ^

同シリーズの本革パスケース(この商品は販売を終了しました。)もおすすめです♪Photo_526

2007年1月10日

さをり織りの花♪

こんにちは。寒い日が続き、マフラーやストールが大活躍しています♪
今回はアトリエメイドより、冬アイテムの可愛いアクセントをご紹介します。

Imgdispblog0110アトリエメイド さをり織りとツイードと牛革使いのあったかコサージュの会」(この商品は販売を終了しました。)

愛らしいさをり織りと、冬らしいツイードを組み合わせたシックなコサージュ♪
葉っぱや花しんなどは、深いグリーンの牛革を使った細部まで手の込んだつくりです。
「さをり織り」はひとつとして同じ色柄が存在しない手織物。
そのさをり織りで作られたこのコサージュも世界でひとつだけの花ですね。

ブローチとヘアクリップが付いているので、胸元はもちろん
マフラーやストールをとめるアクセントに、またバッグやヘアスタイルのワンポイントにも使えるコーディネートの華になりそうですね♪

こんにちは。寒い日が続きますが、みなさまいかがお過ごしですか?今回はアトリエメイドから心もからだもホットになれるアイテムをご紹介します♪

アトリエメイド 世界でひとつ さをり織りのふんわり綿混パーソナルマフラー888473_241_2_2

数え切れないほどたくさんの色を、「自然」をテーマにチャレンジドの方々が感じるまま自由奔放に織り上げたマフラーです。子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで、誰にでも、どんなスタイルにも似合ってしまうのが不思議。素材には綿をつかっているので、一年中楽しめます。

どれひとつとして同じもののない、世界にたったひとつのこの作品には、一点ずつ織り手さんの名前とひとことメッセージを手書きで記したアトリエのタグを添えてお届けします。Photo_431

心まであったかくなるようなマフラーですね♪

Photo_430 Photo_432 Photo_434

まだ暑い夏の日、和歌山からなぎの木園さんの皆さんが、
総勢80名(!)でフェリシモの“エスパス”配送センターを見学に来られました。
Cimg0500_1

sorae[空へ]のカタログでは、陶器や手づくりフェルトの商品をつくっていただいてるアトリエさんです。社会見学を兼ねた1泊旅行で有馬温泉に宿泊された翌日の訪問でした。

今日は、その「なぎの木園」のスタッフのMさんよりいただいた感想を掲載しますー。

***********************
その節は大変お世話になりました。
フェリシモのスタッフの方々の温かい歓迎には 大変感謝しております。


Konnpou_5社、配送センター“エスパス”での見学はただ感動 するばかりでした。
ントランスから上がるらせんのスロープは歩きながらいろんなことを考えるための空間であることを後程知り、単なるスロープではないんだという考え方に、フェリシモという常に次のことを考えながら夢を売る企業を感じました。

頭上を忙しく駆け回る、約1万個のカラフルなスカイポーターや

配送地域別に自動で振り分けられる高速のコンベアは、
さながら遊園地のアトラクションのようで、見るものの目を奪いました。

03_4 利用者一同、自分たちが創った商品がここ"エスパス”から
全国のお客様の元へ送られていくんだ、仕事もがんばって
もっともっと新しい商品をつくっていこう、と感じてくれたと信じています。
           
***********************

アトリエのみなさん、とてもにぎやかで楽しそうだったようですよ。
今までほとんど企業などのお仕事の現場を見る機会のなかったアトリエのみなさん
とても新鮮な体験だったそうです。

フェリシモのお仕事にも今まで以上に思い入れいっぱいに取り組んでいただいているようで、
これからも「なぎの木園」のみなさんといっしょに
いろんなすてきな商品がお届けできる事と思います~!
みなさま、どうもおつかれさまでした。

Photo_185 こんにちは。sorae[空へ]編集部のこんです。sorae[空へ]vol.4では、みなさまからの熱いメッセージの書かれたアンケートハガキ、たくさんのご返信ありがとうございました♪スタッフみんなとても喜んでいます。日頃みなさんが感じておられることや、商品、カタログへのご意見など、「なるほど~」と読ませていただいてます。(全部読んでいますよ!)

さて、ハガキでも大変ご好評でした「ハッカスプレー」シリーズ。この商品は、自称“ハッカマニア”のプランナー、きょーさんが企画したロングセラー商品です。北海道・北見のアトリエの農場で育てた天然のハッカだけを使用し、100年以上も続く伝統的な製法で蒸留されたエッセンシャルオイルです。この季節、虫よけにもなるので、ぜひぜひ試してみてくださいね★

再び!プランナーきょーです。

今回は、ソラエvol.4の取材で訪ねた「さをり織り」のアトリエ、小規模授産施設「つつじの家」さんの様子をレポート。2_19

カタログの制作スタッフといっしょに「つつじの家」さんに着いたのは、夏の初めのお天気のいい朝。私がはじめて来たのはアトリエメイドのブランドを立ち上げた頃だったから3年近く前・・・久しぶりの訪問でした。アトリエは明るい畳敷きのお部屋で、織り機がたくさん並んでいます。いっぱいに開けられた窓から、外に広がる田んぼの緑の輝きと爽やかな風が入ってきます。

ひとりまたひとりとメンバーが集まってきて、朝のあいさつ。私たちもつられていっしょに体操したりして。女性が多いせいか、アトリエにはなごやかで優しい空気が流れています。朝礼の後は、各自の機で織りかけのさをり織りをパタンパタンと始めたり、かごを持って好きな色の織り糸を選びに行ったり。出来上がる布を思い描きながら糸を選ぶ表情は、みんなとっても真剣。

アトリエのスタッフから、「これは、お父さん想いなのよね。」と声をかけられている女性は、深みのあるシックな色の糸を選んで、マフラーのような幅の布を織っていました。ここでは、さをり織りの布はみんな誰かを想って織るもので、1本1本「これは○○さん想い」っていう言い方をするそうです。

そして、いくつかの機で、「フェリシモさん想い」の布が織られていました。私たちのリクエストの茶系とカラフルな色を交えた織りのもの。ここで織られた布が、商品になりフェリシモのカタログを通じて、日本のどこかの誰かのもとに届く……会ったことのないいろんな人たちに届くことを想像しながら織ることも、また違った楽しさがあるそうです。

Photo_164  慣れた手つきで織る人、ていねいにゆっくり織る人、みんながマイペースで、パタンパタンと織りあがっていくさをり織りの布たち。こんなふうにしてできた布が、またいろんな人たちの手が加わり、あるときは空を飛んで中国の工場でアップリケにしてもらったりして・・・そんな商品として届けられるまでのストーリーが「アトリエメイド」のものづくりには込められてるんです。

だからこそ、お客様から「愛着を持って大切に使ってます」っていうお声をいただくと、ほんとにうれしくなります。アトリエのみなさんもきっと同じ気持ちかなあ。

なんだか長くなってしまいましたが、1回目は、プランナーきょーのレポートでお届けしたアトリエ便りでした。次回は、アトリエさんからスタッフのお便りをお届けしたいと思います。おたのしみに~!

○「さおり織り」のアップリケをあしらったアイテム4_2 はこちらです。→

アトリエメイド reve-dore(レーヴ・ドレ)さんと作ったさをり織りづかいの たっぷり入るメイクポーチの会(この商品は販売を終了しました。)

3_8なさん、はじめまして。アトリエメイドのプランナー、きょーです。

「アトリエメイド」は、チャレンジド・クリエイティブ・プロジェクト(CCP)から生まれた、世界でひとつ!の手しごとの魅力を伝える商品シリーズです。

チャレンジドとは、社会参加しようとしている障害を持つ方たちのことを「挑戦するチャンスを与えられた人」という意味を込めて呼ぶことば。チャレンジドの人たちが働く授産施設や小規模作業所などのアトリエさんといっしょに、フェリシモのプランナー、商品に仕上げてくれるメーカーさんやデザインをしてくれる手づくり作家さん・・・たくさんの人たちが関わって「アトリエメイド」の手づくりのあたたかさいっぱいの商品が生まれます。

CCPでは、チャレンジドの人たちの魅力たっぷりの手しごとを生かしたものづくりを通して、みんなが働くチャンスを広げられる社会になればという思いで取り組んでいます。2_18

このコーナーでは、そんなアトリエさんの様子をみなさんにもっと身近にお伝えしたくてできました。

プランナーがアトリエ取材のレポートをしたり、アトリエのスタッフに登場してもらったり、みなさんにアトリエの試作品を見ていただいたり、コミュニケーションの場になればいいなと思います。

Atorie02

こんにちは!sorae[空へ]編集部のカナです。

左のカテゴリーには「プロジェクト」があるのに、何も記事がないなーと思っていらっしゃった方、いらっしゃいますよね? (^-^;
ここは、sorae[空へ]のコンセプトである「人と人がつながって、みんなが心地いい明日をつくる」に向けて展開される様々な活動が、どんな風に展開されていくのか?、そのプロセスをドキュメントしようと思って設けていたコーナーだったのですが、ようやくその機会が巡ってきました。

アトリエメイドの商品はCCPから生まれています。
CCP<チャレンジド・クリエイティブ・プロジェクト>は、何らかの障害を持つ人たち(社会参加しようとしている障害者の方たちのことを、“挑戦”という使命を与えられた人たちという意味を込めて「チャレンジド」と呼んでいます)の社会参画をめざして、フェリシモと、社会福祉法人プロップステーションさんと、各自治体の方々とで一緒に進めているプロジェクトです。
(詳しくはCCPのホームページをご覧下さい。)

福祉作業所などで作られている製品は、ほのぼのとした手作りの良さはあるものの、使い勝手の問題や、販路の問題で、なかなか、例えば1つのお店として成り立つところまでには行かないのが現状です。みなさんも、地域バザーなどでそういった商品が販売されているのをご覧になったことがあると思います。

それを、手づくりの持ち味を生かしつつ、彼らの働き方のスタイルなども尊重しながら、多くのお客さまに魅力ある商品をお届けできるように、商品企画からカタログづくり、生産体制や品質管理など、4者が役割を分担しながら、協力して新しいものづくりをしよう!というのが、このCCPの取り組みです。
普通の企画より時間はかかりますが、一歩一歩みんなでつくりあげていく、そのプロセスそのものが「sorae[空へ]」的だなと、前から個人的にも思っていました。

そこで! “アトリエメイドの商品がカタチになるまで”と題して、この「プロジェクト」コーナーで実際のプロジェクトのプロセスを追いかけてみたいと思います。そして、ウェブサイトで公開することで、これをごらんのみなさまもコメント投稿という形で参加していただけるといいな、とも思っています。みなさま、どうぞご意見よろしくお願いします!

第1回 【愛媛県松山市でのCCP講演会】

051119ccp
CCPの取り組みの最初のステップは、自治体と障害者福祉施設の方々に「CCPとは何か?」「自分たちはどう関わればいいのか?」について説明し、理解していただくことが重要です。

夏にチャレンジド・ジャパン・フォーラム」というイベントでフェリシモがCCPについての講演を行ったことがきっかけで、愛媛県松山市の青年会議所の有志の方々と、産業経済部さんから「ぜひ松山でもフェリシモとCCPの取り組みを行いたい!」とお声がかかり、2005年11月19日、『障害者就業支援者研修事業』の一環としてCCPの講演会が行われました。

フェリシモからは、このCCPをしっかり支える縁の下の力持ち・M副本部長が参加。CCPのコンセプトや現状の取り組み、ビジネスとしての心構えを持つ大切さなどについて、壇上で熱く語らせていただく講演会となりました。

講演会後、最初に熱い思いでフェリシモに声をかけてくださった松山青年会議所のSさんから届いたメールが、福祉の現場で活動していらっしゃる方の熱い期待を物語っています。当日のご報告を兼ねて、そのメールの一部をご紹介させていだきます。

「当日は他の場所でも福祉イベントの多い日でしたが、100以上の小規模作業所、授産施設の方々が集まり、第1回のCCPまつやまの勉強会を終えることができました。

翌日、作業所、授産施設からいろんな声が出てき始めています。第2回を開く前に、反省会、今後の展開についての話し合いを含んだ、第1回CCPまつやまに対しての作業所、授産施設・意見交換会を開きたいと思っています。

そして第2回には 作業所、授産施設、フェリシモさんが実際に自分たちの商品、作品を持って話し合いの場を持てればと思っています。
私たちも彼らが福祉作業の場から本当の就労の場に、そして松山や他の地域がユニバーサルな社会や幸せな社会になっていくよう志をもった市民としてがんばっていきたいと思っています。」

一緒にがんばりましょう!(^-^)v

Mahoroba

おはようございます!sorae[空へ]編集部のカナです。
先週の土曜日は、奈良で行われている「まほろば・楽市・楽座」に行って来ました。

第10回目になる「まほろば・楽市・楽座」は、チャレンジド(何らかの障害を持つ人たちのことを、“挑戦”という使命を与えられた人という意味を込めてこう呼びます)の人たちが作ったアートやクラフトなどの商品を展示販売するイベントです。質の高いアート&クラフトを一堂に集め、社会にアピールすると同時に、こうした活動のレベルアップを図ることを目的として、1996年から毎年、奈良町で開催されてきました。

奈良町(ならまち)は、伝統的な町家のたたずまいを残した市内中心部の一画で、最近ではその町家を生かした落ち着いたカフェやギャラリー、雑貨屋さんなどをオープンする人がたくさん出て来て、みんなで力を合わせて魅力的なまちづくりを積極的に行っている、とても居心地の良いエリアになっています。

今回は、sorae[空へ]の商品を作ってくださっているアトリエさんもたくさん「楽市」に出品されていました。おなじみの「さをり織り」の商品や、手染めの商品、刺し子や陶器やガラスなど、手づくりのかわいいものがいっぱい!!(思わず仕事中であることを忘れて、お買い物モード・スイッチオン!になってしまた私。(^-^; バッグやノートなどかわいいものをたくさん買いました♪) 

もう1つのイベントは講演会とパネルディスカッションの「楽座」。フェリシモが取り組んでいるCCP(チャレンジド・クリエイティブ・プロジェクト)について、フェリシモとアトリエの代表の方がお話をしました。会場にはまだCCPに参加されていない作業所や福祉施設の方がたくさん聴きにいらしていて、みなさんが私たちの取り組みに対してとても興味と期待を持っていらっしゃるのがよく分かりました。会場では『sorae[空へ]』のカタログも配られて、みなさん熱心に見ていらっしゃいましたよ。

これを機に、今後また魅力的なCCPの商品が増えることになって、みなさまにも喜んでいただけて、チャレンジドの方々にも社会参加の機会が増えたらいいなと思いました。
アトリエの職人さんは、お客さまからの声を何より楽しみにされているそうです。どんなに忙しくても大変でも「この商品に出会えて良かった」「とても良いものなので大切にします」と言ったお声を聞くと、疲れも吹き飛ぶとおっしゃっていたのが印象的でした。

フェリシモエコラブログの記事をカテゴリーから探す

  • リサイクル&ゴミを減らそう班

フェリシモ エコラのお買い物情報

エコラの最新アイテムのお買い物はこちらから

  • リサイクル&ゴミを減らそう
  • 水をきれいに。海と川を守る
  • 省エネ&森を育ててCO2を減らす
  • 続けることで大地を汚さない
  • お買い物で世界とつながる
  • ユニバーサル社会を応援する
  • 基金・基金付き商品
ページのトップへ